アイコス デメリット まとめ

2016年8月17日

アイコスユーザーのみなさまこんにちは~
今回は、iQOSユーザーから代表的な8つのデメリットをご紹介致します。
購入前の参考にしてみて下さいね(^_-)-☆

アイコスデメリットその1

『本体キットが高い』
定価9,980円は高いですよね。
ただ今は4,600円引きで買えるのでまだ良いですが、普通のタバコはタバコだけの値段です。
本体代って何?って感じは否めません。

アイコスデメリットその2

『味にムラがあるらしい』
タバコの状態によってはまったく水蒸気がでないことがあるとの事。

クリーニングで対応出来たり、
私的にはタバコを味わうより習慣になっているのでほぼ気づきません・・・

アイコスデメリットその3

『吸いながら作業ができない』
くわえタバコが出来ない・・・

これは、改善して欲しいですね。

日本人特有のながらが出来ないのです。
マナー的に問題ですが・・・

自転車に乗りながら、車を運転しながら、パソコンを打ちながら・・・
強引に固定台に置きながら、なかなかの不格好でアイコスを迎えに行く形で、
くわえタバコならぬ支えタバコをしてしまいます。

アイコスデメリットその4

『本体・ホルダーに充電が必要』
当たり前ですが電池がなくなったら吸えません。
急な出張なども焦りますね。ただ、通常のマイクロUSBで充電できるので車のシガーやコンセントがある環境なら問題ないと思います。

ただ面倒ではあります。
忘れようもんなら『チーン』ご臨終状態です。

私はアンドロイドのモバイルバッテリーで対応しております。
またiPhoneに返れない理由が増えました・・・

アイコスデメリットその5

『機械なので壊れる』
そらそうよ・・・
小さくてもかなりハイテクですが華奢感はあり故障の心配はあります。

本体を再度購入・・・何回も本体代出しにくいわ!!高いし!
あとiQOSあるあるで
実際充電したのにランプが赤のままで使用できなかったというのが何回もあります。

原因不明です。

全然水蒸気が出なかったり。
キットの間から煙出てきて何か怖い((笑))

アイコスデメリットその6

『重くてかさばる』
イメージとしてはモバイルチャージャーかWi-Fiルーターを常に持ち歩いてる感じです。

アイコスデメリットその7

『手入れが必要』
付属のクリーニングキットで掃除が必要になります。
たいした作業ではないのですが、まあ面倒ですね。

マメに掃除したほうが味をキープ出来る。

アイコスデメリットその8

『自販機や小さい商店だとタバコが売ってない』
人気の為、徐々に取扱い店が増えてますが、まだ取り扱いをしていない店舗もチラホラ。
アイコスにしてから、2箱はストックとしてまとめ買いすることが多くなりました。

 

最後に・・・

以上8つのデメリットもありますが、
まだまだメリットの方が頭1つ2つ抜けてるかなという感じです。

デメリットにもめげず、今日も吸います!アイコスを(-。-)y-゜゜゜

Let’s Enjoy!! iQOS(*^▽^*)♥

END